iPhone6

様々なスペックが向上したiPhone6、今回が買い換え時かも

この秋の最大の注目といえば、様々な情報筋から噂になっている新型iPhoneです。世界中で大人気の端末で、日本でも新型が発売されるたびに銀座のAppleストアや携帯ショップなどで行列が出来たりする騒ぎになっています。今回、発売が噂されている新型iPhoneは、現行のiPhone5Sの後継機にあたる『iPhone6』です。
 
iPhone6は、従来のiPhoneに比べて画面サイズが大きくなるとか薄くなるとか、機体のサイズについて大きく噂されています。従来のiPhoneよりもかなり大きくなり、4.7インチと5.5インチの2種類のiPhone6が発売されるのではないかといわれています。現在、iPhoneは他のライバルスマホ端末に比べて画面サイズの面で劣っていることは否めません。
 
GALAXYやXperiaはすでに5インチモニタを搭載した端末を発表していて、高い評判を得ています。そうしたことを考えると、大画面化は避けられないですし、そうなる可能性が高いのも納得がいく話です。また、大きさだけでなく処理速度などを司るCPUも現行のiPhoneよりも優れたものが搭載されるといわれています。
 
iPhone5Sに搭載されているのは「A7」というチップで、iPhone5に搭載されていた「A6」というチップの2倍の処理速度があるものです。そして今回搭載されるのはその「A7」のさらに倍となる「A8」ではないのかと噂されているのです。こうなってくると、もはやiPhone4レベルの物とは体感速度的にも大きく違いが出ますから、今回のiPhoneが買い換え時といわれるのも当然です。
 
まだApple社から正式な発表があったわけではありませんが、過去もある程度の情報が漏洩していてその情報が正しかったことも考えると、あながち的ハズレではないと考えられます。従来の機体よりも大きく性能アップしたiPhone6、非常に楽しみな端末です。

アジア市場から見たiPhone6

スティーブ・ジョブスの亡き後、少々乱発しすぎな感じも否めないiPhoneシリーズですが細かい部分にスポットを当てるとスペックは毎回大幅に改良されています。
4sから5に変わったときにはカメラのフレームレートの飛躍的な向上や指紋認証などの新技術が搭載されGPS機能などもシリーズを重ねるごとに正確さを増しています。
なぜこれほど乱発するようになったのか、その理由の一端を担うのは最近成長著しい中国のマーケットにあります。
中国では最新のiPhoneを持つことがある種のステータスでもあるため、お金持ちは皆新機種が出るたびにこぞって買いに走ります。
ある裕福ではない若者がなけなしの金をはたいて最新のiPhoneを購入した次の月に新しい機種が出てしまった為お金持ちのフリが出来なかった事などが大きなニュースになるところなどを見ると異常だというのは自覚しているようですが、それでも中国富裕層の新しい物好きは留まる所を知りません。
一方日本に眼を向けてみると、iPhone4まではキャリアごとに制限があったため海外輸入をしない限りソフトバンク以外でiPhoneを使うことが出来ませんでしたが4s以降はAUが参入、その後もSIMロック解除が容易になり、海外輸入などをしなくても日本でもやっとキャリアを選ばずiPhoneを使えるようになりました。
この流れは今後更に加速するという見方が強くiPhone6の発売時には既にどこのキャリアもiPhoneをラインナップに加えているという状態で発売される始めてのiPhoneになります。
カナダから転売を目論んでいた個人的には少し残念な結果ですが、日本の脱ガラパゴスにはiPhone6の市場参入が一役買ってくれること間違いなし。
使い勝手から見てもiOSはAndroidと違いハードからソフトまで社内開発なので変なバグなどは起こりにくく直感的に使えるため、メカに弱い人こそiPhone6の恩恵を最も受けられること間違いなし。

iPhone6は魅力ある大画面で楽しめる可能性がある

毎年iPhoneの新作を待ちわびている方は多数いると思いますが、やはり気になる話題はiPhone6です。
例えばiPhone6の気になる発売日も何時ごろなのか色々な予想がありますが、7月位の夏になるのではと噂されています。
近年は秋頃に販売を行うことが多かったので、もし本当に夏頃になるとこれは嬉しいです。
iPhone5sと5cが発売されてからまだ半年位なものですから、そこからもうiPhone6の話題がでるのはやはりそれだけ関心が高いのが伝わります。
毎年iPhoneは新型になるたびに魅力ある新機能が付いていますが、iPhone6も色々な魅力があるはずです。
もちろんまだまだ噂の段階で正式な発表は何もありませんが、こういったiPhoneの噂は楽しいです。
今最も多い噂で、iPhone6は5インチ画面を搭載するのではと言われています。
近年は大画面のスマートフォンが続々と発売されていて好評を得ていることから、iPhone6が大画面になっても不思議ではありません。
スマートフォンとタブレットの中間にあたるとして、ファブレットと呼ばれたりしています。
アップル社がファブレット端末を作るのではないかという声は以前からもあったので、これは信憑性があると思っています。
最近は通話は主力ではなく、どちらかと言えばネット接続がメインになってきていますから、大きな画面でiPhoneを操作できるのは魅力が高いです。
他にもタッチ式のスマートホームボタンが導入されるといった噂もありますし、5に比べて更に魅力ある機種になることは間違いありません。
本当に発売日が待ち遠しくなります。