iPhone5Sau

auのiPhone5sを購入しました!

私がずっと愛用していたiPhone4sですが、OSのアップデートをしてから動作が鈍くなったり電池の持ちも悪くなったりしました。そろそろ2年経つので番号をそのままで買い替えようかと思ったのですが、ある時auショップに立ち寄って驚きました。なんとiPhoneを下取りしてくれるんです。思っていたよりも良い条件で下取りしてくれるそうなので見積もりしてもらったところ、iPhone 5sに乗り換えると今までよりも月々の請求金額が安くなると進められました。
 

 
auスマートバリューと言うネットと電話とスマホのセットで使うと月々安くなりますと言われ。加入したらさらに安くなって驚きました。もっと早く加入しておけばよかったです。他社に乗り換えも考えましたが、メールアドレスが変わるのも嫌ですし、月々の料金も安くなるようですし、何と言っても目の前にiPhone5sを出されたらやっぱりauで機種変更しようって思いますよね。
 
無事に手続きを終えて、アカウントの設定等々は自分ですぐにできました。今までもiPhoneだったので当たり前ですが、結構簡単でした。クラウドサービスを使っていたので電話帳データはもちろん写真や動画まで簡単に移行できたので自分がちょっと使いこなせている感がして嬉しかったです。
 
そして一番驚いたのがネットの速さですね。今までの3Gと大差ないだろうと思っていたLTEですが、とんでもないくらいサクサク動画がみれるしブラウジングも出来てとても快適です。LTEのエリアもauが一番広いとかで、自分の行動範囲はもれなくLTEでつながるのでありがたいです。こうしてみるとやっぱり今までの速度は不満だったんでしょうね、あれもこれもしたくなってどんどんアプリが増えていってます。衝動買いに近かったのですが、結果iPhone5sにして大満足です!!

電波が繋がりやすいiPhone 5sはau

auの最大の利点はエリアです。これは昔、KDDI時代に確保した通信エリアだったのですが、前モデルであるiPhone 5では、これらのエリアを使える電波帯域が使えませんでした。しかし、今回発売されたiPhone 5sでauに有利であると言われている理由があります。それは前々からauが用意していた800MHz帯域のLTE利用です。この帯域にiPhone 5sが使える様になったので、一気にそのエリア拡大に成功したのでした。このエリアのアドバンテージは非常に高く、他社にとっても脅威となっています。携帯電話やスマートフォンはやはり電波が届いてこそ使えるものなので、良く繋がると言われてしまうとそちらに行ってしまうのは仕方がない事でしょう。実際にあるサイトでは各社のiPhone 5sを使って通信環境のベンチマークを計測していましたが、やはり安定した接続状態はauが一歩リードしていました。こうしてauはiPhone 5sという武器を手にした事で、一気にMNP転入者を増やし9月もトップを守っています。

しかし、この推移は10月からどうなっていくかは不透明です。それはdocomoも同じ電波帯域である800MHz対応だからです。この800MHzは障害物をよけて遠くまで電波が届くことから、プラチナバンドと呼ばれる携帯電話には最適な電波と言われています。この帯域を利用出来る2社は、iPhoneを国内に引き入れたSoftBankのアドバンテージを潰しに掛かることでしょう。iPhone 5sは、本当にauに有利な機種となっています。他社も必死に転出されないようなキャンペーンを立ち上げています。遂にauの反撃が始まったかのようにも見えますが、docomoも黙っていないでしょう。今年残りの数か月でその結果が顕著になることでしょう。どこが一番契約数を伸ばすことが出来るのか楽しみです。auは繋がるiPhone 5sを全面に押し出して販売促進を行っていますから、もしかすると純増1位のSoftBankを打ち落としてしまうかも知れません。それだけ、auのiPhone 5sには力があるのです。

auのiPhone5Sの特徴 料金編

iPhone5Sの料金プランは、auとソフトバンクではそう大きく変わらないとされています。 結果的にかかる値段が変わらなかったiPhone5のように、iPhone5Sでも合わせてくることが考えられるからです。

iPhone5の時と同様の料金体制になるとすると、auの場合は本体価格はソフトバンクに比べると高く、その代わり基本料金が安いという仕様になります。 逆にソフトバンクは本体価格は安いですが、基本料金はauよりも割高になります。 そして、その合計金額は、実はauとソフトバンクで一緒です。 ただし、MNP(ナンバーポータビリティ)を利用する場合は4Sと5では過去2戦2勝でソフトバンクがお得でした。

auの特徴としてあげられるのは、auスマートバリューの存在です。これは、自宅のインターネットがauひかりであれば、かなりの割引を受けられるサービスであり、併せて使うことでかなりのコストダウンが見込めます。 ソフトバンクにも同様のスマホBB割はありますが、 もしこの条件があうのであれば、auスマートバリューを適用してiPhone5Sを持つのは料金的なメリットがあります。 auスマートバリューが使えるのであれば、毎月1480円程度支払い額が変わってきます。

ただし、このauスマートバリューは固定の電話加入が必須条件となっています。つまり、固定の電話が欲しい方ならメリットになりますが、回線代金そのものは通常の「回線+プロバイダ」のみの代金よりも割高になります。特にキャッシュバックキャンペーンなどが強いフレッツ光や月額料金の安いeoなどその他の有力な固定回線事業者と比較すると月額費用が単体では高くなりますので注意が必要です。

auのiPhone5Sの特徴 電話編

ip5shikaku

auのiPhone5SとソフトバンクのiPhone5Sでは、電話の機能ではじめからサポートされている機能が違います。 回線編でも説明したとおり、auのiPhone5Sは電話中にインターネットができないというのも1つですが、これは改善するためのサポートもないため、今回はオプションをつけることで解決できる特徴を紹介します。

auで、基本プランではサポートされてない電話の機能の筆頭が、留守番電話サービスです。電話きほんパックのオプションをつけなければ、留守番電話サービスを使うことができません。つまり、電源OFFの時や、サービスエリアの外にいると、留守番電話メッセージを残して貰うことができないということです。auのオプションで「お留守番サービスEX」をつけた場合は、最大3分×99件の伝言を、最長一週間保存することができます。電話を頻繁に使う人や、電源OFFにする機会が多く留守番電話が必須の人は、au版iPhone5Sだとこのオプションは必須になりそうです。

また、au版iPhone5Sは、割り込み通話に関しては最初から対応しています。ソフトバンクは留守番電話に対応しているかわりに、割り込み通話のオプションをつけなければiPhone5Sで割り込み通話が使えません。au版のiPhone5Sなら、はじめから割り込み通話を使うことができるのが、特徴の1つです。

ちなみに、au版もソフトバンク版も共通して、三人で同時に通話する三者通話に関してはオプションをつけることで可能になります。

auのiPhone5Sの特徴 サービス編

ip5shikak

au版のiPhone5Sで、ソフトバンク版のiPhone5Sとは異なるサービスや機能の特徴を紹介します。

まず、au版のiPhone5Sは、@ezweb.ne.jpのEメールアドレスの送受信が2種類のメールアプリから選べます。デフォルトではメッセージが割り当てられていますが、メッセージは本来携帯メール向けのアプリではなく、Cメールのようなショートメッセージ向けのアプリでした。そのため、デフォルトのメッセージではメール本文が長くなると読みづらい、デコメの送受信ができないなどの弱点があります。その欠点をカバーするのが、メールアプリ。まず最初にEメールアドレスの受信をメールでできるように設定することが、au版iPhone5Sでやるべき最も重要な作業になるでしょう。 ちなみにソフトバンク版は、メッセージとメールでは割り当てられるメールアドレスが違うため、2種類のメールアドレスが使えるようになります。au版iPhone5Sはメールアドレスの変更は必要ありませんが、ガラケーからのりかえる場合はソフトバンク版ではメールアプリを使う場合はアドレスが変わるという違いがあります。

また、auのiPhone5SはiPhone5とプランの内容が大幅に変更されない限りは、パケット定額プランを外すことができます。iPhone5Sでパケット通信を使わず、Wi-Fiでのみインターネットをする!という場合なら、auのiPhone5Sを持つメリットになります。 ただし、Wi-Fiでインターネットを使う場合はEメールの送受信はできなくなるのと、屋外では使えなくなるため、弊害が大きいので、使える人を選びます。さらに、auのパケット定額プランに入らない場合はiPhone5Sの端末代金の割引が適用されなくなるため、iPhone5Sを定価で購入することになりますから、iPhone5S本体の値段によっては結果的には割高になってしまいます。

auのiPhone5Sの特徴 回線編

iphone5s-color

auのiPhone5Sで、ソフトバンクのiPhone5Sとは異なる特徴がいくつかあります。 まず1つは、インターネットに通信する際、高速データ通信機能であるLTEの周波数が、auのiPhone5SとソフトバンクのiPhone5Sでは異なります。 LTEでauやソフトバンクが使える周波数は、国から割り当てられているものなので、使える周波数帯が異なるのです。そのため、同じiPhone5Sでもauとソフトバンクでは繋がりやすさが若干変わるのですが、auのiPhone5Sの特徴としては、建物の奥まで電波が届くというところでしょう。とはいっても、ソフトバンクと比較して少しだけ、という程度のものなので、特徴というにはやや弱い状況です。

また、LTEの通信速度に関しては、都内はauの方が早く、それ以外はソフトバンクの方が速いという検証結果がちらほら出ていてユーザーの体感もauは都内なら速いという認識であることが多いようですが、全く逆の感想を持つ方もいらっしゃいます。

また、3G回線にも違いがあります。仕組み上、Wi-Fiを使う場合を除くと、auはインターネットを使いながら電話ができません。電話中はインターネットから切断されるため、iPhone5Sで電話しながらiPhone5Sのブラウザで調べ物をするという使い方ができないのが、ソフトバンクのiPhone5Sとの最も大きな違いになるのではないでしょうか。

この部分は、ちょっと仕事で使う方が電話をしながらiPhone経由でクラウド上のファイルを見るなども出来なかったり、電話をしながらゲームでアイテムを交換する。なんてことも出来なくて、そんな使い方のニーズがある方には不便な部分ですね。

iPhone5Sをauで買うなら

ip5s2

ip5s2

いよいよ、iPhone5の改良版である、新機種iPhone5Sの9月中の発売が現実的になってきました。iPhone5Sを、auとソフトバンク、どちらのキャリアで買おうか迷っている方も多いでしょう。このサイトでは、auのサービスにスポットをあてて解説していくので、キャリア変更を迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

現在、iPhoneに対してauが提供しているサービスには以下のようなものがあります。 これは、iPhone5Sでも変わらず提供されると予想されます。

au 4G LTEサービス
高速データ通信機能です。なんと、地下鉄でも繋がります。が、まだまだ発展途上なサービスでもあります。iPhone5Sでは、エリア拡大ができるかどうかが、auの明暗を分けると言っても過言ではありません。詳しくは別途紹介します。

au スマートパス
多種多様なサービスを受けることができるサービスで、iPhone5S関連だと修理代金のサポートが大きな特徴です。他に、様々な店舗での割引サービスや、電子書籍を無料で読めるなどの特典もあるのが特徴です。

au WIi-Fi
駅や空港などの公共施設や、一部のカフェ、ホテル、レストラン、ショッピングモールなどの、auのWi-Fi SPOTのエリアを使って、高速通信の利用が可能です。特定プランに加入していれば、日本国内での利用は無料ですが、そもそも利用できるのはWi-Fiが利用できる旨のステッカーがある場所に限ります。