様々なスペックが向上したiPhone6、今回が買い換え時かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この秋の最大の注目といえば、様々な情報筋から噂になっている新型iPhoneです。世界中で大人気の端末で、日本でも新型が発売されるたびに銀座のAppleストアや携帯ショップなどで行列が出来たりする騒ぎになっています。今回、発売が噂されている新型iPhoneは、現行のiPhone5Sの後継機にあたる『iPhone6』です。
 
iPhone6は、従来のiPhoneに比べて画面サイズが大きくなるとか薄くなるとか、機体のサイズについて大きく噂されています。従来のiPhoneよりもかなり大きくなり、4.7インチと5.5インチの2種類のiPhone6が発売されるのではないかといわれています。現在、iPhoneは他のライバルスマホ端末に比べて画面サイズの面で劣っていることは否めません。
 
GALAXYやXperiaはすでに5インチモニタを搭載した端末を発表していて、高い評判を得ています。そうしたことを考えると、大画面化は避けられないですし、そうなる可能性が高いのも納得がいく話です。また、大きさだけでなく処理速度などを司るCPUも現行のiPhoneよりも優れたものが搭載されるといわれています。
 
iPhone5Sに搭載されているのは「A7」というチップで、iPhone5に搭載されていた「A6」というチップの2倍の処理速度があるものです。そして今回搭載されるのはその「A7」のさらに倍となる「A8」ではないのかと噂されているのです。こうなってくると、もはやiPhone4レベルの物とは体感速度的にも大きく違いが出ますから、今回のiPhoneが買い換え時といわれるのも当然です。
 
まだApple社から正式な発表があったわけではありませんが、過去もある程度の情報が漏洩していてその情報が正しかったことも考えると、あながち的ハズレではないと考えられます。従来の機体よりも大きく性能アップしたiPhone6、非常に楽しみな端末です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。