auのiPhone5Sの特徴 回線編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
iphone5s-color

auのiPhone5Sで、ソフトバンクのiPhone5Sとは異なる特徴がいくつかあります。 まず1つは、インターネットに通信する際、高速データ通信機能であるLTEの周波数が、auのiPhone5SとソフトバンクのiPhone5Sでは異なります。 LTEでauやソフトバンクが使える周波数は、国から割り当てられているものなので、使える周波数帯が異なるのです。そのため、同じiPhone5Sでもauとソフトバンクでは繋がりやすさが若干変わるのですが、auのiPhone5Sの特徴としては、建物の奥まで電波が届くというところでしょう。とはいっても、ソフトバンクと比較して少しだけ、という程度のものなので、特徴というにはやや弱い状況です。

また、LTEの通信速度に関しては、都内はauの方が早く、それ以外はソフトバンクの方が速いという検証結果がちらほら出ていてユーザーの体感もauは都内なら速いという認識であることが多いようですが、全く逆の感想を持つ方もいらっしゃいます。

また、3G回線にも違いがあります。仕組み上、Wi-Fiを使う場合を除くと、auはインターネットを使いながら電話ができません。電話中はインターネットから切断されるため、iPhone5Sで電話しながらiPhone5Sのブラウザで調べ物をするという使い方ができないのが、ソフトバンクのiPhone5Sとの最も大きな違いになるのではないでしょうか。

この部分は、ちょっと仕事で使う方が電話をしながらiPhone経由でクラウド上のファイルを見るなども出来なかったり、電話をしながらゲームでアイテムを交換する。なんてことも出来なくて、そんな使い方のニーズがある方には不便な部分ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。